どのような流れで治療を行うのかを知ろう

インプラント

インプラントは人工歯根と呼ばれるもので、自分の歯を何らかの理由で失った場合に歯槽骨に埋め込んで自身の歯根の代わりを果たすものです。堺にあるインプラントを手掛ける歯科医院では、まず綿密なカウンセリングを行うことから治療を開始します。インプラント治療を行うに当たっては患者さんに正しい知識を得てもらうと同時に、治療の流れを理解してもらうことが大切だからです。また外科的手術を必要とするため、どのような治療法をとり、かつどのような手術になるかを知っていないと不安になってしまうでしょう。そのためカウンセリングには1時間ほどの時間をかけて、わずかな疑問も残さないように努めます。実際に施術を受けることが決まったら、術前検査で歯槽骨の厚みや神経と血管の場所を調べます。人工歯根を顎の骨に埋め込みますので、事前にきちんと検査をしておかないと神経や血管を傷つけてしまう恐れがあるからです。術前検査では通常のエックス線撮影ではなく、細部まできれいに撮影できる歯科用CTスキャンを使用し、術前検査での画像や噛み合わせのチェックなどの情報をもとに治療計画が作成されます。インプラントは1次手術と2次手術に分けて行うため、それぞれの手術内容や手術時間、治癒期間なども知っておいてもらうことが大切です。全行程を終えて完了するまでには数か月から半年以上の期間がかかりますので、治療の流れをしっかりと把握することが重要となります。

噛み心地の良さや美しさを求める人に

治療器具

インプラントをするということは本来あるべきだった歯がなくなっていることを意味しますので、失った歯を何らかの方法で補わなければなりません。従来はブリッジや入れ歯が治療の主流でしたが、インプラントの技術が進歩したこともあって、今では選択肢の一つに定着しました。堺市でもインプラントを希望する人が増えており、最新の設備を整えた歯科医院も多くなっています。インプラントを行う一番のメリットは、自分の歯を失っても再び以前と同じように噛むことができるという点です。入れ歯は食べ物が歯茎との間に挟まったり、クラスプ(入れ歯にかけるバネ)が見えたりすることがあります。しかし失った歯のどこかにバネをかけなければならないため、話したり笑ったりしたときにどうしても目立ってしまうのです。またブリッジをするにしても土台となる両側の歯が虫歯でなかった場合、健康な歯を削らなくてはなりません。その点インプラントなら失った部位に人工歯根を埋め込み、再び補綴物で修復できた暁にはこれまでと同じように噛めます。さらに埋め込む数が多ければ入れ歯にしなくても良いので、審美的な面でのメリットも得ることができます。

広告募集中